ベッドガードの訴訟は?メーカーのカトージと死亡事故や両親を調査!

スポンサーリンク
ニュース

こんにちは!
ミオです!

今日は
「ベッドガードの訴訟は?メーカーのカトージと死亡事故や両親を調査!」
というテーマでお伝えします

今回は2021年の2月12日に起こした訴訟。
生後九ヶ月の乳児がベッドガードとマットレスに挟まり、なくなった事件について調査しました。

その事件で間に挟まって亡くなったのはベッドガードが原因であるということで訴訟を起こし、9300万円の損害賠償を求めているというものです。

この事件の詳細や世間の声、またこのベッドガードのメーカーである「カトージ」と訴訟を起こした親(両親)について調査しましたので、ぜひご覧ください

スポンサーリンク

ベッドガードで起きた事故、事件の詳細、経緯

まずこの事件が起こってしまったのは、2017年8月に転落防止用にベッドガードをつけた大人用のベッドで眠っていたときに起こりました。

親が午後4時ごろに見たのを最後に2時間半後に確認すると、ベッドガードとマットレスに挟まっており、呼吸がなくなっていたというものです。

このことから親は安全性にかけているという声をあげています
またこの事件により、「安全性について利用者も業者も考えるきっかけにしたい」とのコメントを残しています。

製造メーカー「カトージ」の言い分

このベッドガードの説明書には「生後十八ヶ月から5歳ぐらいまでのお子様に使用して」
「乳幼児用として使わないで」と記載されております。

そしてもちろん生後九ヶ月のお子さんは乳児に当たりますので、今回の責任は私たちにはないのではないか!
というものです

この事件について感じたことは、メーカー側全く問題なくない?
ということです、、、

こう考えた要因は二つあります。一つ目は、実際にこういった事件に起こる背景にはたくさんの要因が絡まって起こります。

今回もベッドガードだけで亡くなったのではなく、マットレスに挟まっていたのでその場所関係も関わってきますよね、

そこまではメーカー側は把握できません

次に二つ目はしっかりと安全に使用できる年齢を記載してあり、それを守らなかったことです。
これは当たり前ですがその記載された年齢以外を考慮しては作られていないのです。

またこれが乳児が高確率で事件を起こしているなら問題ですが、こうした問題は初めてですしね、、、

世間の声

・説明書には、乳幼児には使用しないで、と書いてあった。
大人を想定した商品を子どもに使うときは、親の責任下で使うべきだと思う。可愛い子どもを亡くして、本当に気の毒だけれど、ベビー用品でない以上、危険の想定とその回避は、親にその責があると思う。

・お子さんが亡くなったのは本当に気の毒ですが、説明書と違う使い方をしてたのにメーカーを訴えるとは?
なんだろう、この違和感は。

・2時間半も確認せずに放置しておく危険性。
我が子には絶対しない。

という意見が多く、やはりメーカー側をかばう声がほとんどでした。
今後の訴訟でどういった判決になるのかに注目が集まりますね、

しかし今回の件でもし、訴訟が成立し賠償金9300万円が払われることになれば同じような訴訟が多発しちゃうんじゃないかなとも思います。

また新しい情報が更新され次第、追記していきますね。

まとめ

・訴訟は賠償金9300万円を求めている

・ベッドガードのメーカーは「カトージ」という会社である

・世間では責任は親にあり、「カトージ側」の意見がかなりの多数である

また親についての情報は明かされていませんでした。
しかしこれについては正しい判断だと思います。

もし明かされていたら、避難が予測されますからね、、
お子さんがなくなってしまったことは本当に悲しいことですし、僕たちにはわからない悲しみでしょうけど裁判には公平に判決が下ります

皆さんの納得のいく結果に収まって欲しいですね、
またどうなったかについては追記していきます
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました