Twitterの投げ銭の問題点は?PayPalの仕組みから解説!

スポンサーリンク
ニュース

こんにちは!
ミオです!

 

 

 

 

今日は
Twitterの投げ銭機能システムに問題あり!PayPalの仕組みから解説!
というテーマでお伝えします

 

 

 

 

今回はTwitterで投げ銭の機能、『Tip Jar』が実装され、今確認されている問題点についてわかりやすくまとめました。

 

 

 

 

かなり便利なものであることに問題はないですが、YouTubeの投げ銭機能や、今まであるものと比較せずに使用すると、もしかしたら大変なことになるかもしれません。

 

 

 

 

この記事ではそんな予想される隠れた危険について
大きく3つに分けてご紹介しますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

個人情報が漏れてしまうこと

 

 

 

実はこの投げ銭機能なんですが、個人情報が漏れてしまう恐れがあることがわかっています。

 

 

 

 

この投げ銭機能で『PayPal』を使用した際、
『PayPal』自体が本名登録であること、
また住所などを登録しないといけないことで問題が起こっています

 

 

 

なんとこの投げ銭機能を使うことによって、
本名や住所などの情報も出てしまうことが確認されています。

 

 

 

これは大問題なので、おそらくTwitter側かPayPal側がなんらかの対処があるかと思います。
それまでは名前や住所がバレてはいけない人に投げ銭を行うことは控えたほうが懸命でしょう、、、

 

 

 

 

『パクツイ』が蔓延してしまう可能性

 

 

 

Twitterの特性上、心を動かされた投稿、もっと広めたいと思った投稿には『いいね』や『リツイート』などで投稿を拡散することができます。

 

 

 

 

もちろん、そのような投稿が拡散されるのは『Twitter』のあるべき姿なのですが、今現在『いいね』や『リツイート』、『フォロワー』欲しさにツイートを真似する、いわゆる『パクツイ』がよく見られます。

 

 

 

投げ銭などの機能が追加されたことによって、これらのバズる投稿というのはこれまで以上の価値が付与されることになるでしょう、
これにより今まで以上に『パクツイ』が増えるのではないか?
という懸念があります

 

 

 

 

『無断転載』が蔓延してしまう可能性

 

 

 

先ほど説明した『パクツイ』によく似ているのですが、『無断転載』も蔓延してしまう可能性がかなり高いと思われます

 

 

 

 

絵や写真などを、描いたり撮影することによって、たくさんの人に自分の作品を拡散させることができます。

 

 

 

 

そこで、その作品の写真や画像をそのまま『無断転載』し、パクツイのように自分の作品のように投稿する事例も数多く見かけます。

 

 

 

 

僕もとても素晴らしい作品だなと思い、コメント欄を見てみると『元ネタ』や『転載先』が乗っけられておりなんだか寂しい気持ちになることがあります。

 

 

 

画像を見ることは無料なので、そこまでならいいのですが、投げ銭などをした後にその事実に気づいてしまった場合、騙された気持ちになってしまいますよね。

 

 

 

 

なのでこれまで以上にトラブルが発生してしまうのではないかと思います。

 

 

 

世間の反応

 

 

 

まとめ

 

 

ここまでの情報をまとめた結果
今現在確認されている問題点は、

 

 

・個人情報がバレてしまう可能性
・パクツイが今まで以上に増えてしまう可能性
・無断転載が今まで以上に増えてしまう可能性
などが考えられます

 

 

 

利用する際は必ずこれらのリスクも考えた上で利用することが必須になってくるのではないかと思います。

 

 

 

またTwitterやPayPalの方から仕様の変更などがあれば追記していきますね。
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました