田淵久美子の旦那は誰?現在の娘や両親家族を調査!

スポンサーリンク
芸能

こんにちは!
ミオです!

今回は
「田淵久美子の旦那は誰?現在の娘や両親家族を調査!」
というテーマでお伝えします

今日は脚本家で作家の田淵久美子さんについて調べました
そこで、旦那さんは誰?また娘や両親、家族について知りたいという声がありましたので詳しく調査しました

田淵久美子さんの身内や親族についてきになる方はぜひご覧ください

 

スポンサーリンク

旦那さんは誰?まずいるのか

実はなかなか複雑な関係があったのです、
掘り下げて説明していきますね

まず1992年に最初の男性と結婚されました
その後お子さんを二人男の子が一人、女の子を一人授かりました。

しかしその後1999年のクリスマスイブ12月24日に離婚をされました
その後も3年間は同居していたそうですがその後は完全に別れたそうです

この3年間はおそらくお子さんがまだ小さかったのでそこを心配されて、離婚されてからも同居するという選択をされたのかなと思います

そしてその同居が終わってから4年後、2006年に新しい男性と結婚されました。
しかし、大河ドラマ「篤姫」放送中の2008年の10月に死別されました

その後はそういった情報は見つからないので、結婚などはされずに一人で暮らされているそうですね
また旦那さんの死因なども情報としては見つかりませんでしたが、少し年上の方だったので老衰ではないかと噂されていました

家族のことについて

先ほども説明しましたが、一人目の旦那さんとのお子さんが二人いることがわかっています。
また再婚相手との間にはお子さんは授からなかったそうなので、この二人が家族ということになりますね

またこのお子さんたちの情報は見つけることができませんでした
また情報がわかり次第追記していきます

二回結婚をされた田淵久美子さんですが、出会いがない女性に向けて助言を残されているのでご紹介しますね

若い女性たちからよく聞く言葉に、「出会いがない」というものがあります。素敵な男性に会いたいのにチャンスがない、というもの。さらにこのコロナ禍です。出会いの機会はもっと減っているようで、焦っている人も多いかもしれません。

このご時世、マッチングアプリなど、実は出会いのチャンスは前よりずっと増えている。なのに出会いが少ない、いえ、少ないのではなく、出会えない。もっと言うと、あなたが望む「その人」に会えないのですよね。少し前まではそんな言葉を聞くことはずっと少なかったような気がします。なんだかみんな相手を見つけて、それなりに幸せな人生を送っているように見えた。なのに、なぜ今は、出会いがないのでしょう。

それについてまず私が思うのは、現代人が複雑になったのではないかということ。世の中の進化に合わせて人も進化、多様化し、昔の当たり前がいろいろな意味でもはや通用しなくなったのではないかとも思うのです。

ではどうすればよいの? もちろん方法はあります。でも、その前に、まずは、出会いがないと焦るのをやめてください。このままでは、出会いそのものを楽しむゆとりを失います。

改めて言うまでもなく、誰かと出会うって、とても素晴らしいことです。その人と、人生のひとときを過ごしたり、それが長いつき合いになって、結婚に結びついたり、結婚しないまでも、大切なパートナーになるかもしれません。そういう出会いの不思議をまずは喜ぶ気持ちを取り戻しましょう。幼い頃、誰かと出会うことを夢見たような、そんな純粋な気持ちを思い出してみましょう。私の相手は今どこにいるのだろう、と焦るのではなく、出会いの瞬間をワクワクと思い描いてみましょう。

そして、「出会えない」という口癖は今すぐにやめること。今すぐに、です。「言霊(こと・だま)」という言葉があるように、言葉には力があり、使っている言葉があなたやあなたを取り巻く環境を作ってしまいます。「私は、必ずその人に出会える」と明るい気持ちで信じましょう。いいえ、確信してしまいましょう。だまされたと思ってやってみてください。これは実は効果抜群です。

とかなり深い言葉を残されております
僕も2〜3回読み直しましたが、おそらく完全には理解できていないでしょう

この言葉を僕なりに解釈した結果、待てる余裕を持とうということです
相手が欲しい欲しいと欲が出てしまったいる人はそれがまず出会うチャンス、仲が深まるチャンスを逃してしまっているのかもしれません

自分に自信を持ち、希望を持っている!そんな人に人は惹かれるのではないでしょうか?

 

まとめ

・旦那さんは今はなくなっており、独り身である

・初めての旦那さんとの間にお子さんが二人、男の子が1人、女の子が1人授かられている

こうした人生経験をされた方の意見はかなり深いですよね。
僕自身の考察も書きましたが、感じ方は人それぞれなのでみなさんがどう感じるのかを知りたいなと思いました

言葉の中にもあったように、思い込む力を信じて自分に自信を持ち記事を書いていこうと決心しました
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました