サルベシュクマール逮捕首斬画像!インドの男尊女卑はなぜ無くならない?

スポンサーリンク
ニュース

こんにちは!
ミオです!

 

今日は
サルベシュクマール逮捕首斬首画像!インドの男尊女卑はなぜ無くならない?
というテーマでお伝えします

 

今回はインドで起こった悲しいニュースについて調査しました。
その内容はサルベシュ・クマールさんが実の娘17歳の首を切断し殺害したという酷い事件でした

 

ということで、なぜこんな事件が起きてしまったのか、またインドではなぜ男尊女卑が無くならないのかについて調査し、まとめましたのでぜひご覧ください

 

スポンサーリンク

【サルベシュクマール】はなぜ娘の首を切断したのか?

 

その理由はとても簡単なものでした。
それは自分の娘が、「交際に反対していた男と一緒にいたから」です

 

これを発見したことにより、怒りがこみ上げてしまって殺してしまったのです。
それも娘が自宅で1人でいるところを見かけ、部屋に閉じ込めて刃物で頭部を切断したというのです。

 

またサルベシュ・クマールさんは警察に連行される時もかなり冷静で暴れることもなく、従順に従ったそうです。

 

かなりぶっ飛んでいるように聞こえますが、インドではこうした事件があとを絶ちません。

 

ではなぜこのような事件が後を立たないのでしょうか?

 

インドの男尊女卑はなぜ無くならないのか?

 

インドでは残念ながらいまだに男尊女卑の考えが根強く残っています。なので今回の事件も起きたのでしょう。

 

その証拠として、レイブ事件なども後を立ちませんし、今回は娘さんが殺害されましたが、これが息子だったらどうだったのでしょうか?

 

実際に娘が交際相手との関係で殺害や、暴行という事件は耳にしますが、男だとそういった事件は聞きません

 

これは今でも根強く男尊女卑というものが残っているからなのです。
日本でも男尊女卑があると言われていますが、そんなもの比にはならないぐらいです。

 

またここで一番いけないことが、インドの女性はそれを認めてしまっていることです。
女卑されることに違和感を覚えていないのです。

 

ここがまず1番の問題でどうにかしなければならないことだと考えました。

 

 

世間の反応や声はどうなのか?

 

・数年前だったか、同じくインドで妻の不貞を疑った夫が妻を殺害した。
ところが、その後の調べで妻は全くもって無実で、夫の勘違いだということがわかった。

それでも夫は何一つ悪びれることなく、
「妻は一族に泥を塗った」
と語ったそうだ。

無実で殺されて謝罪の言葉すらかけられない事実に、インドの深く濃い闇を見た

 

・文化、宗教の違いで済まされる問題ではない。人の命は何より大切だと幼稚園から教え込まないと。教育って本当大切だと思う。

私は若い頃海外を旅してた頃、いろんな国で仕事をしてきたという方が、日本が一番良かった、本当に皆優しいと話してくれたのが忘れられない。

初対面の私に荷物を見ててくれというほど。日本にいてはわからない日本のよさが外国からは見えるんだなと。

この時代に肌の色、男尊女卑、または旗の模様で過去に縛られて本気で殺人や抗議が正当と信じている人間が悲しいと思う。

 

とやはりマイナスなイメージが多いことがわかりました
もうこれはインドが一番初めに取り組まないといけないことではないのかと思いました。

 

まとめ

 

・娘が自分の好まない交際をしていたから斬首して殺害した

 

・インドでは男尊女卑の思想がかなり残っている

 

・世間の反応もかなりマイナスで、インドが抱える大きな問題であることは間違いない

 

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました