ビアンカ・スミスのwiki風プロフィール!野球の経歴、実力は?

スポンサーリンク
スポーツ

こんにちは!
ミオです!

今回は
「ビアンカ・スミスのwiki風プロフィール!野球の経歴、実力は?」
というテーマでお伝えします

今日はビアンカスミスさんがボストンのレッドソックスのマイナーリーグの野手担当コーチに黒人女性で史上初めて就任されたことが話題になっていますね

そこで疑問な、ビアンカ・スミスさんはどんな人なのか。
また野球の経歴や実績、実力について調査しましたので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

ビアンカ・スミスのwiki風プロフィール

ビアンカ・スミスはペンシルベニア州セウィクリーで生まれました。彼女の父、ビクター・スミスは、1985年から1987年までダートマス大学でフットボールをしました。彼女の母親であるDawnPattersonは、ダートマスの卒業生であり、弁護士でもありました。

スミスは出席コリーヴィル遺産高校でのダラス、彼女はソフトボール演奏と彼女のシニア年の共同キャプテンでした、。彼女は2008年に高校を卒業しました。次に彼女はダートマス大学に入学し、そこでソフトボールチームの外野手として活躍し、野球チームのメンバーでした。彼女は、2012年に社会学の学士号を取得してダートマス大学を卒業しました。

キャリアを追求する上で、目で野球ゼネラルマネージャー、スミスは、取得したJDの学位とMBAからスポーツマネジメントにおけるケース・ウェスタン・リザーブ大学2017年で、2013から2017まで、同時にをスミスが働きましたケースウエスタンリザーブスパルタンズの野球運営ディレクターとして。

という経歴をお持ちです
また冒頭でも少し触れましが、彼女はプロ野球コーチです
そしてそれはプロ野球コーチを務めた最初のアフリカ系アメリカ人女性です

野球の経歴や実績

2018年に彼女はダラス大学の野球チームのコーチを務めておりました。
そこでの実績が買われプロ野球コーチとして雇われたのでしょうね

また彼女はウィスコンシン州のキャロル大学でもコーチを務め、そこでは野球コーチと打撃コーディネーターとして働いておりました。
様々な学校でのコーチ経験がありますね

また彼女の指導は数字に基づく、というのが特徴で、今までそういったコーチが少なかったことも採用された理由かもしれませんね

まとめ

・彼女は様々な学校でコーチをし、実績を積んでいた

・彼女の指導は数字に基づくもので画期的だった

コメント

タイトルとURLをコピーしました